プロフィール

灰れん
灰れん

こんにちは、灰れんと申します。

こちらのページは私と、このブログについて詳しく知っていただく為に、いくつか語らせていただきます。

スポンサーリンク

このブログは、『文字による創作を行う人』を対象にしたブログです

・語彙力をもっと増やしたい

・表現の幅を増やしたい

・言葉や漢字の成り立ちが気になる

・キャラクターの名前や外見のアイディアが欲しい

このような悩み、創作をしていると尽きないですよね。私も長年創作をしていますが、何度もあります。

思い描いていることを上手に言い表せなくてムズムズしたり、もっと良い表現を知りたいと類語を探し回ったり。

当ブログでは、同じような悩みや希望を持つ創作者たちを応援し、良い資料となるべく言葉や表現を紹介します。

そして、作者も読者も表現力を高め、もっと言葉が好きになれることを目指します

灰れんがブログを始めた訳

なぜこのようなブログを始めようと思ったか。

勿論、単純に書いてしまえば、私自身が創作が大好きだからです。

ですが、それだけを書いても薄っぺらいので、少し経歴を語りたいと思います。

灰れんの歩いてきた道のり

私は昔から創作、というか想像が好きでした。

それはもう現実世界より想像の世界で過ごす時間の方が長いのではないかというほどの、想像ガールでした。小学生の頃にはもう、100人の創作キャラクターがいました。

国語の成績がすこぶる良かった私は、自然と小説を書き始めました。大学も文学部に進学し、「言葉」や「文字」とは切り離せない人生を歩んできたと思います。

しかし私は、小説家になれるとか、創作で世間を騒がせてやろう、という野心は持ち合わせていませんでした。想像の世界で暮らしています、なんて口にしたらドン引きされることは分かっていましたから、普段は秘密にしていたのです。勿論、同じ趣味の人が集まる場では小説を提出するとか、そういう活動はしていましたが、せいぜいその程度でした。

一般的なサラリーマンになって、休日に想像の世界にいられればそれで満足だと思っていました。

ですから、私は普通に就職しました。超弱メンタル、おまけに上がり症だった私は随分苦労して就職を決めました。けれど、就職した先は。

よくある話ですね、ブラック企業だったのです。

当時は新卒、何が異常で何が普通なのか、価値観に自信も持てないままの就業でした。就職に苦労した分、頑張らなければならないと思ってしまったのが悪かったのかもしれません。私は身体を壊し、そのまま退職しました。

なんとか立ち上がれるようになっても、私はなかなか再就職できませんでした。もともとの就職活動で順調にいかなかった私が、「ブラック企業への恐れ」を抱いて面接したところで、上手くいくはずはなかったのかもしれません。

私は派遣社員になることを選びました。この時も、表現に携わることのできる会社に長く勤務したのですが、心のどこかでは「正社員になるべき」という思いが捨てきれませんでした。

それ故に、労働者派遣法による無期雇用が提案される頃、私は再び転職活動をすることにしました。

苦手な就職活動を繰り返す日々、嫌気が差しながらも、なんとか就職できた私。そんな私を襲った次なる刺客。

コロナウィルスです。

繰り返される退職勧奨に、私のメンタルはぼっきり折れてしまいました。

結局退職し、何もかもどうでも良くなりました。完全なる自暴自棄。

私は今までの貯金と共に引き籠りました

歩みを止めた先で

さて、引き籠りになった私ですが、何もしていないのも不安なのです。じっとしていることも辛いのです。眠ることが安息の時間でした。

昔からの癖なのか、息をするように想像の世界に行くことだけはできました。人に見せる作品を書くわけではないので、気楽に創作は続けられました。

私はこんな時でも想像が好きだなぁ。言葉が好きだなぁ。そんな思いと不安が結びつき、私は芋虫のような速度でも行動をしようと決めました。

自宅で校正の勉強をしながら、在宅ワークを始めました。現在も在宅ワーカーです。

さて、長くなってしまいましたが、ここで「ブログを始めてみようかな?」と思い立ったのです。理由は主に下記の二つ。

  • 発信することで自分の知識も増やしていきたいという熱意。
  • 単純にというか、正直にというか、少しでも収入に繋がったらいいなという希望。

なので、ブログのコンセプトは自分の好きなことに決めました。

変わった表現とか、言葉の由来とか、好奇心をくすぐられることが沢山あるんですよね、言葉って。同じように思う人の好奇心を満たせたら、こんなに嬉しいことはありません。

新たなる挑戦として、頑張っていこうと思います!

ブログをキャラクターに任せる理由

もう一つ、このブログを語る上で、説明しておかなければならないことがあります。

それは、当ブログを「キャラクターが運営している」ことについて。

ここまで読んでくださった貴方は、「創作が好きだからだろ、もう分かったよ」と仰ると思います。間違っているわけではありませんが、根本の理由は違います。

キャラクターが運営している理由は、このブログを、羽目を外せる場所にしたいからです。

ブラック企業にいる時も、様々な企業で面接している時も、それからトドメとなった退職勧奨の時も、私に付き纏っていた言葉があります。

(前項が長いので、読み飛ばしてきた貴方は、就職関係で苦労したんだな、と思ってくだされば結構です)

それは「真面目過ぎる」でした。

私にとって、本来、真面目であることは長所でした。

いえ、そもそも、内心では創作想像大好きガールの私は、周りに満場一致で言われるほど「真面目」ではないと自分では思っているのです。

それでも、外面として、「真面目に頑張ることが出来る」のは、超弱メンタルの私にとっては、数少ない長所でした。

けれど、度重なる経験によって、私は「真面目」が悪口に聞こえるようになってしまったのです。

だったら不真面目になってやる!と極端なことしか考えられないのは、私が世渡り上手ではない証拠ですね。

極端な発想はさておき、そんな経緯から、私は「真面目」に見える私を変えたいのです。

そう考えた時、キャラクターを前面に出せば、羽目を外せるのではないかと思いました。

実際、多くの人に言われるからには、私の外面は「真面目」なのでしょう。一人で調子に乗った文章を書くことは、難しく感じました。

そんな私でも、長年培ってきた想像力があれば、キャラクターがいれば。

そんなわけで、私は、私の要素を出来るだけ薄くすることで、「真面目」に見えない場所を作ることに挑戦する所存です。

当ブログでは、灰れんは、なるべく裏方に徹していたいと思います。

おわりに

長く語ってしまいましたが、これから一緒に「言葉」にもっと詳しくなっていきましょう!

良ければ当サイトのTwitterもフォローしてくださると嬉しいです。

それでは、またお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました